こと  2022.08.02

暑さ対策博覧会〜まちなかの身近な暑さ対策〜VOL.2

多治見で生活する人たちが日々行う暑さ対策を「みえる化」することを目的に、8月1日〜21日までを『暑さ対策博覧会』とし、まちなか(多治見駅前〜オリベストリート)のお店が行っている暑さ対策が掲示され、身近な暑さ対策を共有していきたいと思います。

 

店舗の取り組み

 

多治見市は過去10年以上熱中症死亡者0人って知っていましたか?

暑い夏を乗り切るため、きっと多治見市民は自分で暑さ対策をしっかり行っているはず。そこで、まちなかの店舗で取り組まれている、暑さ対策をご紹介していきます。

 

tekolin

 

 

「暑い」と言いたくなる時も、グリーンカーテンを見るだけで涼しげな気持ちになれますね。脱水症状を防ぐためにも、1日に1.2ℓを目安に水分補給するのが目安とされています。冷たいジュースも飲みたい!!

 

婦人服のカネシロ

 

 

多治見の風物詩「空中スイカ」の栽培に取り組んでくださっています。花やスイカの水やりをしながら、打ち水をすると一石二鳥ですね。

 

studio en

 

 

目で見て耳で聞いて「涼」を感じるとはこのことですね。

風鈴の音を聞くだけでなんだかいい風が吹いてきたような気します。

 

今後も、各店舗が取り組んでいる「暑さ対策」について更新していきます。暑さ対策博覧会のアイデアを使って、この夏を乗り切りましょう。

SHARE

取材/広告掲載/プレスリリースに関する
お問い合わせや
たじみDMOの事業に関する
お問い合わせはこちらから