もの  2022.10.14

多治見でサイクリング~日本語と英語でご紹介~

秋冬の観光シーズンに入り、2022年10月11日には新型コロナウイルスの水際対策緩和が大幅に緩和されました。1日の入国者数の上限が撤廃され、ツアー以外の個人旅行がおよそ2年半ぶりに解禁されました。「円安」の状況も受けて、インバウンド(訪日外国人)需要への期待が高まっています。

 

多治見市では、インバウンド観光を促進するためさまざまな取り組みをしています。その中から今日はWebを使った取り組みの一つをご案内したいと思います。当法人では合同会社Mimir(小名田町1-3-4)に委託し、多治見を紹介するコラム(Discover TAJIMI 英語版・日本語版)を執筆していただいます。今年度は3つのテーマで配信される予定ですが、1つ目のコラムが完成したのでご紹介します。

今回取り上げられているのが、たじみレンタサイクルについて。これからの季節にぴったりです。

 

 

多治見でサイクリング CYCLING IN TAJIMI

 

町の中を自転車で走ると今まで気が付かなかった風景に気が付きます。土岐川を見下ろすと子供たちが川の生き物を捕まえていました。

 

多治見に住みだして早10年近く、この町の目ぼしいことはほとんど知っているつもりになっていましたが、それは間違いでした。曇り空だけれどさわやかな風が吹く8月のある日、初めてのサイクリングツアーに出発し、新たな角度から多治見を体験することになりました。

付け加えて言うと、僕は少し前に折り畳み式のコンパクトな電動自転車を手に入れて、町中をよくサイクリングするようになりました。ですがこの日は多治見市観光協会(たじみDMO)のレンタサイクルサービスを提供している自転車のプロの方に案内してもらったのです。久々にPCから離れて楽しい1日となりました。

Having spent almost a decade in Tajimi City by now, I thought I had seen most of what was to be seen. How wrong I was! It was a pleasant day in August, with an overcast sky and a pleasant breeze, when we set out on our first cycling tour around the city, and a whole new perspective opened up on the area for me.

Don’t get me wrong, I have done a lot of cycling around the town recently since we bought a nice little foldable e-bike. This day, however, we were to be guided by a pro, an employee with Tajimi Tourism Association’s rental bike unit. It turned out to be one of my most pleasant days in a long time.

 

レンタサイクルについて THE BIKES

 

多治見市観光協会・レンタサイクル担当の並木浩一さん

 

僕たちを出迎えてくれたのは自転車とランニングでトレーニングした体を持ち、髭がよく似合う並木さん。ゆったりとして感じのいい話し方で、こちらに説明が分かりやすいような気遣いを感じます。初対面からこの人にお任せすれば大丈夫だという印象を受けました。

 

We were greeted by Mr. Namiki, a good natured man in his best years, fit from biking and running, and wearing a well-trimmed beard. He has a very pleasant way of speaking, a little on the slow side, which makes you feel that he is careful to make himself understood. I knew from the start that we were in good hands.

 

 
 

当日は、僕たちのためにきちんと整備された自転車が用意されていて、いくつかの説明を受けたあといよいよ出発!このレンタサイクルステーションには様々なタイプの自転車が揃っていて、その多くに電動アシストが付いています。多治見には坂の多い場所もありますが、この機能が走りをサポートしてくれます。電動自転車はとても人気があり、ロングツーリングでは電動なしとの違いが大きく感じられ、長くてきつい登り坂もすいすいと登っていきます。僕のように普段から運動していない人には多少息が切れることもありますが、苦しくはありません。

 

この日、並木さんが選んでくれた3台の自転車はどれも町乗りもできますが、ロングライドにより適したものでした。どれも30万円前後としっかりした価格だそうですが、乗り始めてすぐにそのクオリティの高さを実感しました。僕が乗ったのはアメリカ製の自転車で電動アシストも無しからターボまで5段階あり、ギアも9段変速で、電動にしてはボディもかなり軽いのです!僕のパートナーは同じメーカーの女性向けの小型モデルを、そして並木さんはフルオートマチックで手動変速の必要がない見た目も未来的なオランダ製電動自転車で出発しました。

The bikes were prepared for us with properly pumped tires and were ready to go after some instructions. The rental office has a nice selection of bikes, many of them equipped with electric motors to assist the rider, which is especially helpful in Tajimi’s somewhat hilly terrain. E-bikes are very popular and really make a tremendous difference during a long tour, making long, tough climbs almost effortless. Well, not completely effortless if you are overweight and not very fit, like myself, but far less painful.
​This day, Namiki-san had picked three of the nicest bikes for us, all city bikes but good for quite long rides out in the suburbs of the city and beyond. Apparently, they all come at a price of around 300,000 yen, which is quite pricey, but you could feel the quality right when you started riding. I got to ride an American-made bike of good quality, quite light and fitted with five modes of electric power assistance, from none to turbo mode, and nine gears. My wife got a small, similar model more suitable for smaller ladies, and Namiki-san himself started out on a very futuristic Dutch bike that was fully automatic, so no need to change gears manually.
 
 
 

並木さんは曲がり角、スリップゾーン、止まるタイミングなど、手信号でコミュニケーションをとり、後ろに続く僕たち2人に安全な走行を促します。日本では自転車は車道を走るのが原則ですが、安全のために歩道を走る人もいます。これは曖昧な部分もありますが、一部の歩道では自転車で走ることが許されている場所もあります。東京のような都会では狭い歩道にたくさんの人、突然の飛び出しなどあって多治見とはルールが違うこともあるのでご注意ください。外国人の皆さんに一番大事なことは日本は左側通行なので、国のルールが違う方は慣れるのに時間がかかるかもしれませんね。

 

Namiki-san was very careful to give us safety instructions, including hand signals to communicate with the two of us behind him about turns, possible slip zones, when to stop and so forth. In Japan, in principle, you should ride a bike on the road, but people often prefer to ride on the sidewalk for better safety. This is a bit of a gray zone legally, but at least for some sidewalks, bikes are allowed on the sidewalk. It is a very different matter to ride in a city like Tokyo, where sidewalks are often very narrow and full of people, and where people can suddenly step out in front of you. One important thing is, of course, that Japan has left-hand traffic, which may take some time to get used to if your country is different. 

 

 

またこのレンタサイクルのサービスでとっても良かったことはヘルメットもセットで用意されていることでした。というのも日本の法律ではヘルメット着用が義務付けられてないので、これは本当にありがたいサービスです。並木さんはサイクリングウェアにシューズ、サングラスとフル装備でしたが、そういった装備はさすがにサービスに含まれていませんので必要であればご自身で用意してくださいね!もし日本を旅行をされる場合、滞在中にサイクリングの予定を加えるとより一層価値の深まる旅行になることは断言できます!

 

Helmets were included in the package, which I really appreciated. There is no legal requirement for cyclists to wear a helmet in Japan. As for other equipment, Namiki-san came better prepared than us, dressed in proper cycling wear and shoes, sunglasses, etc., but you will need to bring that kind of gear yourself. It may be quite well worth it if you plan to spend a lot of time cycling while in Japan.

 

 

サイクリングツアーの様子 THE TOUR

 
 

この日のサイクリングは結局19キロほど走ったのですが、こんな長い距離だと気が付かないうちに走ってしまいました。僕が乗った電動自転車ではスポーツモードに設定して、ギアを7速に入れると驚くほど楽に走られました。

1kmほど走ったところで、今回のコースの中では一番急な坂の登場です!この坂はとても長く、普通の自転車に乗っている人は途中でバテて自転車を降りて歩いてしまうほどです。僕は自分の小型電動自転車でこの坂を何度も難なく登ってきましたが、今回僕以外の2人はこの坂に差し掛かっても平らな道とまったくスピードが変わらないのです!僕は2人に比べて遅かったようで、彼らに追いつくため少し頑張ってこがなくてはいけませんでした。ちょっと息が上がりましたが、電動アシストのおかげで2人を見失うようなことはありませんでした。

 

This day we would end up cycling around 19 kilometers, which I had not anticipated, and it went surprisingly fast. We started cruising along flat streets in the city; with my electric motor set to sports mode and gear 7 (of 9), it felt incredibly effortless.
​After about a kilometer, we began to climb the steepest hill along the course. It’s a very long slope, so most people on normal bikes get off and walk. I have climbed it many times before on our small foldable bike without problems, but the two riders in front of me didn’t seem to slow down one bit as compared to the flat streets! I quickly fell behind and had to strain myself to catch up. I began huffing and puffing. But soon we had reached the top, and by now I had joined the other two again.
​​
 

坂を登り切ったところから数分で今日のルートで最初で最後の休憩所、永保寺の案内所に到着です。ここではおいしい五平餅が売っています。今回は一人1本ずついただき、サイクリング中のちょうどいいエネルギー補給となりました。さらにこの休憩所にはきれいなトイレもありますよ(もっとも日本のほとんどの公衆トイレはきれいなんですけどね)。テーブル席もあって、メニューにはビールもあります。宴会にもちょうどいいお店ですよ(自転車じゃないときにも来たいですね)。

 
​A few more minutes and we reach our first stop, the only one on this route, in fact. The information kiosk for the Eihoji temple sells delicious goheimochi dumplings, and we had a serving each. There are nice and clean toilets here (most public toilets in Japan are). There are also seats and tables, and beer is served-a pleasant place for a party indeed!
 
そこから踏切をわたって線路沿いに続く少し細い道を走ります。初めて通る道ですが、緑に包まれていていい感じでした。
​さあここからは下り坂。最高の気分です!本格的にサイクリングしている人が私たちを追い抜いていきました。心地いい風が吹き、車もほとんど走っていません。

 

The ride continued along a small road on the other side of the railway that I had never traveled on. I began to appreciate how lovely it is to travel this way, engulfed by the lush greenery on both sides. We briefly stopped to inspect a nice eatery I had never heard of before.
​From now on, it was all downhill. How nice! Another cyclist zipped past us. The wind was so pleasant in my face, and there were hardly any cars. The wind was so pleasant in my face, and there were hardly any cars.
 


土岐川に架かる橋に到着しました。ここには畑と美しい竹林が広がっています。農家のおじいさんが軽トラックに農機具を積んでやってきました。竹笠をかぶっていて、とてもチャーミングな方だったので、思わず「素敵ですね!」と声をかけると、素敵な笑顔を返してくれました。ここは何度も車で通ったことがありますが、自転車でなければ彼とお話することはなかっただろうなぁとしみじみ感じてしまいました。

We now reached a bridge across the Toki river, where there is farmland and a beautiful bamboo forest. The old farmer arrived in his little truck with farming equipment. He put on one of those pointed bamboo hats and looked so charming that we had to compliment him. He smiled. He didn’t have many teeth left. “How many times have I passed in my car here and never had a conversation with him?” I thought.

 

 

川を渡ってさらに進み、僕のパートナーが前にイノシシの親子を見たという場所を通り過ぎ、町の中心部に戻っていきました。そこでまた方向転換し、今度は町の人たちによく知られている旧笠原鉄道を走ります。この道は現在、自転車と歩行者が通れるよう遊歩道(陶彩の径)として整備されています。今回のガイドの並木さんは自転車観光する人へ一番おすすめする道だと話してくれました。遊歩道ですれ違う人たちはみんな笑顔で挨拶してくれました。

 

We crossed the river and continued a bit on flat land, passing a place where my wife saw a wild boar sow and her piglets once. Before too long, we were already approaching the city centre. At this point, we made a turn and entered the well-known former railroad, which is now paved for cyclists and pedestrians. Mr. recommends this road as the first choice for tourists on bicycles.Everyone along the road greeted us and smiled

 

かつて蒸気機関車が走っていた旧笠原鉄道の線路。今は遊歩道として整備されている。
 

今回は、この陶彩の径は途中まで走っただけですが、並木さんのおすすめは笠原まで走ってタイルミュージアムを見学するコースです。春には桜並木となり、花見を楽しみながらサイクリングできますよ。陶彩の径をあとにして町の中心部に引き返すと今日のスタート地点まであっという間に帰ってきました。並木さんによると今回の2時間のサイクリングは20kmくらい走ったそうですが、とてもそんなに走ったなんて思えません!この短い時間のおかげで僕の日本でのホームタウン多治見の新たな一面に出会えました。

 
​Well, this was a detour, but normally you would go all the way to Kasahara and visit the tile museum. The road is lined with cherry trees in the spring, and you can take in the pink clouds created by the cherry blossoms. After a while, we turned back, and soon we arrived at our starting point. I could hardly believe we had covered almost 20 kilometers. I felt as though I had learned a whole new side of Tajimi, my current hometown in Japan, in this short time.
 

レンタサイクル ガイドツアーについて GUIDED TOURS

レンタサイクルサービスでは、ちょっとした町巡りの楽しいツアー企画を開催予定です。「多治見近郊 再発見 ロングライドツアー」や、笠原のタイルメーカーの工場見学+ものづくり体験ツアーがあります。​予約は、たじみレンタサイクルのホームページまたは、体験型観光プログラム「多治見るこみち」のホームページからすることができます。
 
The rental cycle service organise- fun tour projects from time to time with a bit of a tour of the town. Some of the tours offered are Rediscover the Tajimi suburbs Long Ride Tour,  ceramic factory tour at Kasahara. 
Please refer to the rental service web site for tour examples. 
 
 
 
その他にも、多治見市ではPR動画を配信し、観光パンフレット(中国語版英語版)も作成しています。
たじみDMO(たじみレンタサイクル)

507-0038
白山町1-228
TEL 0572-23-2636
MAIL trc@tajimi-tmo.co.jp
https://trc.bikerentals.co.jp/rentalbike_pretop?lang=ja

SHARE

取材/広告掲載/プレスリリースに関する
お問い合わせや
たじみDMOの事業に関する
お問い合わせはこちらから